国内の美術市場は、政策、技術あるいは学術的な側面から、昨今活性化に向けた機運が急速に高まっています。
一方で、美術市場は専門知識に拠る価値と市場価格という2つの評価軸が併存する極めて特殊な環境であり、
有用な提案を行うためにはアートシーンにおける多様なステークホルダーが意見を交わし合い協調することが不可欠です。
新たな技術の利用指針や制度設計に彼らの意見を反映させ、美術的な価値を担保する市場の活性化を目指す。
そのための第三者委員会として、Open Art Consortiumは設立されました。
私達は、新たな時代の美術市場の形を探りながら、現在のアートシーンをアップデートして行きます。

About OAC

現在、Open Art Consortiumでは以下の3点に取り組んでいます。

  • 美術市場におけるブロックチェーン技術の応用可能性に関する調査、及びガイドラインの作成
  • 美術市場における情報通信技術の利用動向に関する調査、及びレポートの作成
  • 国内美術市場の活性化を目的とする既存の文化政策に関する調査、及び提案書の作成

News

Member

事務局: 伊東 謙介(東京大学学際情報学府博士後期課程)
事務局: 市塚 亜樹(都市環境デザイナー)
Founder: 丹原 健翔(アマトリウム株式会社)
Founder: 施井 泰平(スタートバーン株式会社)

Contact

お問い合わせは、こちらのGoogleフォームをご利用下さい。

入会に関しては現在案内の準備を進めておりますので、今しばらくお待ちいただければ幸いです。

〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目38−1 本郷信徳ビル7階