ABOUT

私たちは、美術業界の様々な側面 (e.g., 作品制作、展示、取引、保存・修復、アーカイブ、教育、文化政策) における新たな技術の応用可能性について、より積極的な議論を行いたいという考えのもと集まりました。こうした視点が将来の美術業界にとってより重要になると強く感じている一方、国内では議論を行う環境がまだ十分に整っておらず、特に産・官・学の交流が活発ではない点に問題意識を持っています。

なぜ国際会議の開催と論文誌の発行を目指すのか?

国際会議の開催と論文誌の発行を目指す理由は、それらが恐らくは産・官・学交流の促進に最も有効な手段であるためです。研究者による発表を軸に美術業界の様々なプレイヤーが交流する場は、①産業界にはネットワーキングやリクルーティングの機会を、②行政には文化政策について産学の知見をこれまで以上に集約的に把握する機会を、③学術界には「美術業界における新たな技術の応用可能性」という新たな括りで研究発表を行う機会を提供できるため、各々にとって意義があると考えています。

どのように実現するのか?

この目標は、その運営・開発資金を皆様からの寄附で賄うことによって実現させたいと考えています。現在は必要最低限の資金を用いて国際会議と論文誌の詳細な仕様策定を行っている段階 (完成次第webページに掲載いたします) ですが、私たちの活動の認知度を高めつつ今後より広く皆様からの寄附を募るべく、並行してYouTubeチャンネルの運営とwebページ上の寄附フォーム開設を進めております。

法人概要

法人名: 一般社団法人Open Art Consortium
本店所在地: 〒107-0062 東京都港区南青山4-10-4 モンパピール202
設立時社員: 丹原 健翔, アマトリウム株式会社, スタートバーン株式会社

運営メンバー

代表理事:丹原 健翔 (アマトリウム株式会社)
理事:施井 泰平 (スタートバーン株式会社)
事務局:市塚 亜樹 (都市環境デザイナー)
事務局:原 翔子 (東京大学学際情報学府博士課程)
事務局:伊東 謙介 (東京大学学際情報学府博士課程)
事務局:志賀 玲太 (東京藝術大学)